少子化

少子化すると高齢者を支えられないとまことしやかに言われているが、少子化するから支えられないのではなく、金が無いから支えられないと言わないと正確ではないだろう。

少子化しても、歳入が多ければなんの問題もない。

少子化でも歳入が多ければなんの問題もない

日本の労働人口が減っても、高く売れる技術などを確保していれば、企業からの税収は減らないわけだから、福祉の財源に問題はないはず。

少子化したら、子の一人一人にやたらと負担が増えるみたいなイメージで論じられているのは、政府や企業が福祉の負担を被るのではなく、老いた親を持っている子に直接的に負担させる意図があるから、そういう文脈で語られているのではないだろうか。


日本は先進国の中ではかなりの福祉小国で、老人や失業者の生活を担保するのを家族に依存している。

福祉政策の教本では、日本と韓国と中国は家族福祉型に分類されているのだそうだ。実はアメリカも福祉小国に括られるらしい。


少子化の一方で、ニートがたくさん居るってことは、労働力を余らせていることになる。

既存の労働力が余っているのに、少子化して将来の労働力が足りなくなると騒いでいるのは、なんかおかしい気がする。

何がおかしいんだろ? 頭悪くてよう分らんわ。


少子化対策「婚活から対応を」


少子化担当相にアドバイスする私的な諮問プロジェクトチームが、なんか提言したそうだが、その一番目に上がっていたのがこれ。

『少子化対策の一歩である恋愛・結婚に視野を広げた政策的対応の実施』

要するに婚活しなさいということ。

少子化対策で先行していて、出生率を大幅に改善した欧州諸国では、子供を持った所帯に具体的な補助金をつけることで、改善に成功している。

欧州では、具体的に国が経済的に負担します。として、実際に実績があったのに、日本では未だに国民の自助努力に任せっ切り。

この温度差はなんなんだろう?

前から思っていることだが、日本の政府は、少子化を全く憂いていない。むしろ少子化して欲しいと思っている節がある。
少子化 URL www.whitening-cosmetics.net

少子化担当相ってのは、少子化しないように対策するところではなく、少子化するのが前提で、少子化した社会でも上手く回るように対策するところなんじゃないかという気がする。

危険な考えですねぇ。少子化は国を亡ぼす大きな原因の1つです。

国土が先なのか?国という定義が先なのか?民が先なのか?

これはどの時代でも、民が優先され国が定義され、国土が定義されるのです。

少子化で国民がどんどん減っていいけば、国すなわち民がいなくなる、国の大前提の定義が失われるわけです。